おでかけ

子連れ海水浴・最低限の持ち物チェックリスト!

『夏』の代表的なレジャーといったら、やっぱりですよね!
青い空に真っ白な入道雲、波の穏やかな水面で楽しそうに遊んでいるファミリーたち…こどものとっても楽しい夏の思い出として、心の残る1シーンです。

しかし、年に数回しか行かない海水浴。
突然「行こう!」と思っても、なにを用意したらいいか意外と困りますよね。こどもの分も用意するとなったら、本当パニックです!

そんなあなたのために、超簡単な持ち物チェックリストをご用意しました。
ぜひご活用ください!

かならず持っていくべき必須アイテム

まずは、かならず持っていったほうがよいアイテムをご紹介します。

  1. 水着
  2. ラッシュガード
  3. 帽子・サングラス
  4. 着替え一式
  5. 日焼け止め
  6. ラップタオル
  7. ビニール袋・ZIPロック
  8. 救急グッズ
  9. ワンタッチテント
  10. うきわ・ライフジャケット
  11. 小銭(コイン)
  12. 水遊び用オムツ
  13. 母子手帳・保険証
  14. おしりふき

 

❶水着

水着を忘れる人はなかなかいないとは思いますが…、忘れて現地購入だとかなり割高になってしまいます。まず最初に荷物に詰めましょう!

❷ラッシュガード

つい忘れがちなラッシュガード。近年の日差しはかなりきついので、なるべく陽にあたる部分を保護しましょう。日焼けするかしないかで、疲労感も変わってきます。

 

❸帽子・サングラス

こちらも紫外線から身を守ってくれる、大事なアイテムです。帽子は直射日光を頭に浴びないようにする大事な役目なので、おこさまの帽子も忘れずに。つばが広いタイプや、首が隠れるタイプがオススメです。
また目も紫外線によるダメージを受けますので、UVカットのサングラスをなるべくかけて、日焼け対策をしておきましょう。

❹着替え一式

下着も含めて、かならずひとり一式を用意しましょう。

❺日焼け止め

直射日光を直に肌に長時間浴びていると、やけどと同じ状態になってしまい、ひりひりしてきます。ひどくなると水ぶくれなどにもなってしまうので要注意。
日焼けをすると体内で活性酸素が作られるのですが、この活性酸素、増えすぎると正常な細胞も傷つけてしまうのです。それを取り除こうとする働きによって、疲労物質がたまっていき疲れやすくなるというわけです。
無駄な疲れを背負わないためにも、しっかり日焼け止めを塗りましょう。

❻ラップタオル

着替えるところがないときにとても重宝します。また、海から上がって体が冷えてしまったときにも、はおりものの代わりに利用できるので便利です。

❼ビニール袋・ZIPロック

汚れものや、砂のついたビーチサンダルなど、そのままバッグに詰めたくないですよね。そんなときに便利なのがビニール袋です。濡れたものは重くなるので、小分けにできるサイズがおすすめ。

❽救急グッズ

石や貝殻で足を切ってしまったりすることがあります。浜辺に救急センターがある場合は、そちらを利用しましょう。もしもない場合は、消毒して絆創膏を貼り、ようすを見ましょう。絆創膏は防水フィルムタイプがおすすめです。

❾ワンタッチテント

ワンタッチで広がる簡易テントです。小さく折りたためて、軽量のわりに、紫外線から守ってくれるので、浜辺で利用する海水浴客が増えています。フラットなレジャーシートよりも閉鎖的なので、荷物を置いておいたり、寝そべってうたた寝したり…使いかたはあなた次第。海以外にもピクニックや山でも利用できるので、1つは持っていたいアイテムです。

❿うきわ・ライフジャケット

海はなにが起こるかわかりません。目をちょっと離したすきに、足のとどかないところで溺れていた…なんてことにならないよう、安全対策として最低限うきわ、しっかりとしたいならライフジャケットを着用しましょう。

⓫小銭(コイン)

海水浴では、セキュリティ面を考えて、大金は持っていかないほうがいいでしょう。しかし買い物などでお金を使うシーンもありますよね。そんなときはコインを使いましょう。500円玉をたくさん持っていけば、水にぬれても困ることはありません。

⓬水遊び用おむつ

まだオムツが外れていない場合は、水遊び用のおむつをお忘れなく! 途中で排泄する可能性を考えて3つは持参したいですね。

⓭母子手帳・保険証

どんなに気をつけていても、けがをしたり、体調を崩してしまうことは大人でもあることです。体力のまだないこどもには無理させず、しっかりようすを見ておきましょう。もし少しでも異変がある場合は、近くの病院を受診しましょう。

⓮おしりふき

しりふきは、ウェットティッシュとしても代用できますので、何かと便利に使えます。

 

現地購入でも大丈夫なアイテム

近くの100円ショップをチェックしておいて、そこで購入するととてもリーズナブルにそろいます。ぜひご活用ください!

  1. ビーチサンダル
  2. 砂遊びグッズ
  3. スマホ防水ケース
  4. ミニクーラーバッグ(折りたたみ式)
  5. レジャーシート
  6. 砂落とし用の2Lペットボトル、またはウォータータンク

 

❶ビーチサンダル

自宅から履いていく場合はいいのですが、スニーカーなどで行く場合は、ビーチサンダルがあると便利です。けがの防止にもなります。

❷砂遊びグッズ

意外と海に入らずに、砂浜であそぶこどもも多いもの。公園の砂場がすきなこどもですから、当然のことといえば当然のこと。なので、砂遊びグッズがあると、さらにたのしめることまちがいなしです!

❸スマホ&デジカメ防水ケース

こどもの遊んでいる写真を撮りたい…と海に入った瞬間にスマホを落としてしまった!という悲劇を起こさないためにも、ぜひスマホは防水ケースにいれておきましょう。こどもに多少の水しぶきをかけられても、こころ穏やかでいられます。

❹ミニクーラーバック(折りたたみ式)

ちょっとした飲みものを冷やしておくのに、役立つアイテムです。折りたたみだったら、荷物にもなりません。

❺レジャーシート

ワンタッチテントの中を砂だらけにしたくない!という場合は、フラットなレジャーシートをひとつ用意しましょう。砂だらけの人はそこに座ってもらったり、片づけるときに荷物を置いたりなど、なにかと便利に利用できます。100円なら使い捨てできるので、帰ってから砂を取りのぞく苦労も必要なし。

❻砂落とし用の2Lペットボトル、またはウォータータンク

飲み終わった2Lのペットボトルは真水を入れておいて、砂のついた足などを洗う用に使いましょう。100円ショップに売っている、防災用の大容量折りたたみウォータータンクなども便利です。

 

最悪、現地調達で楽しもう!

上記にたくさんアイテムを書き連ねましたが、もし忘れたとしても、大丈夫!

どこの海水浴場でも、ほとんどのアイテムが手にはいるはずです。あまり神経質にならず、パッと荷物を積み込んで海に出かけましょう!

気持ちいい海があなたを待っていますよ。