こども

人生がうまくいく『ウィルパワー』の魅力

つよい気持ちをもって、目標に向かってもつい誘惑にまけてしまうことはないでしょうか?
「わたしは、なんて誘惑に弱いんだろう…」と自己嫌悪になったり、「人間ってなまけものだから…」と開き直ったり…。

そこに役立つのが『ウィルパワー』です。

『ウィルパワー』とは、目的を成し遂げる力で、意志力ともいわれています。これは特別な能力ではありません。ひとはだれでもこの力を持っています。
そして、鍛えることができるのです。

今回はこの『ウィルパワー』についてご紹介します。
『ウィルパワー』を意識することで、あなたの人生をより魅力的なものにしませんか?

 

『ウィルパワー』とは

意思力ともいわれ「一度決めたらやり遂げる力」「誘惑に屈しない力」など、自分をコントロールすることで、自分の目標に達成に向かって突き進むことができるようになる力のことです。

ウイルパワーを身につけることで、

  • イライラしない
  • 人間関係がうまくいく
  • 家族にもウィルパワーが感染し、よい影響をあたえる
  • あなたの時間がつくれる

など、メリットがたくさんあるのです。

『ウィルパワー』はいつも使っている?

ここに、ひとりのワーママがいます。
(これはあなただと思ってくださいね)

今日も朝早くおきて、こどものお弁当をつくります。なるべく栄養バランスが良くなるように、野菜もお肉もまんべんなくおかずを入れていきます。

また、家族の朝ごはんも同時につくらなければなりません。家族はパン派、ごはん派がいますが、時間のないあなたは、今日はパンだけを用意しました。

あなたは始業に間に合うためには8時前には家を出なければなりません。順番にこどもが起きてきて、みんなでごはんを食べています。「食べ終わったら、自分で食洗器に入れておいてね!」と伝えて、急いで家をでます。

実は、夏に家族で旅行にいきたいので、少しでも多く給料がもらえるよう、上司に頼んで早く出勤しているのです。

ふだんの何気ない風景ですが、この中でもあなたはウィルパワーを使っているのです。
さて、どれがウィルパワーなのでしょうか?

 

『ウィルパワー』を構成する3つの要素

この3つの要素が合わさって、ウィルパワーが発揮されていきます。

 

 

一度決めたらやり遂げる力のこと。
(例:ダイエット中に、カロリーの低い食べ物を選ぶ/健康になるために、ウォーキングをする/毎日1時間読書をする など)

 

 

我慢や耐え忍ぶ力のこと。
(例:小さなことでこどもを叱らない/バーゲン会場で服の衝動買いをしない/気の進まない誘いを断る など)

 

 

具体的な理想像を思い描くことで、その状態を強く望むこと。
(例:年末に家族で海外旅行に行くために〇〇円貯金する。/夏にビキニを着るために〇kg減量する など)

 

さてここで、先ほどの日常風景を振り返ってみましょう。

今日も朝早くおきて、こどものお弁当をつくります。なるべく栄養バランスが良くなるように、野菜もお肉もまんべんなくおかずを入れていきます。

→のぞむ力
こどもに健康に育ってほしくて、栄養バランスに注意しています。

→やる力
お弁当を毎日作って、こどもの持たせています。

 

また、家族の朝ごはんも同時につくらなければなりません。家族はパン派、ごはん派がいますが、時間のないあなたは、今日はパンだけを用意しました。

→やらない力
パンもごはんもどちらも用意できるけど、時間的な制約を考えて、パンのみにしています。

 

あなたは始業に間に合うためには8時前には家を出なければなりません。順番にこどもが起きてきて、みんなでごはんを食べています。「食べ終わったら、自分で食洗器に入れておいてね!」と伝えて、急いで家をでます。

→やらない力
時間がないので、食器を下げることはこどもに、洗うことは食洗器にまかせています。

 

実は、夏に家族で旅行にいきたいので、少しでも多く給料がもらえるよう、上司に頼んで早く出勤しているのです。

→のぞむ力
家族旅行のために目標を立てて、計画的に行動しています。

 

このように、何気ない生活のなかでも、私たちはウィルパワーを使っているのです。

『ウィルパワー』を意識したら、こんな効果があった!

イライラしなくなる

ウィルパワーは、自分をコントロールする力です。たとえこどもが話を聞かなかったり、約束を守ってくれなかったりしても、自分の感情を自分の意志で無理なくおさえられるようになります。

  • 他のひとが気になる行動をうけとめ(やる力)、
  • 無駄にイライラせず(やらない力)、
  • 穏やかでこころのひろいあなたをイメージする(望む力)

ことができるのです。

人間関係がよくなる

イライラしなくなるというのは、近くの家族やともだちとの関係も良好にします。無遠慮に感情をぶつけあったり、言いたいことを言えずに我慢していたり、、そんな関係では、ストレスがたまってしまい、長続きしません。

  • 相手のことを考え(やる力)、
  • 相手がいやなことは言わず、せず(やらない力)、
  • お互いが気持ちよく付き合える理想的な関係をイメージする(望む力)

ことができるのです。

こどもにいい影響をあたえる

あなたがこのウィルパワーを身につけ高めることで、このウィルパワーがこどもに感染していきます。目標をしっかりもって、なにごとにも一生懸命とりくむこどもになるでしょう。

  • 勉強や早寝早起きを、自らして(やる力)、
  • テレビやゲームなどしたくても、やらないときを決め(やらない力)、
  • 自分のやりたい目標を立てて、そこに向かえる(望む力)

そんな、こどもになるはずです。

あなたの時間がつくれるようになる

ウィルパワーが弱いひとは「常に時間がない」傾向があります。それは、やらなくてもいいこともやっていて、時間が足りないからなのです。人からの誘いも断れず、振り回されて、結果あなたの時間をむだに消費してしまっているのです。

  • 自分の時間を有効に使うことに意識し(やる力)、
  • 無駄な誘いはことわり(やらない力)、
  • 自分がどんな人と関わりたいかイメージする(望む力)、

これを意識するだけで、相当な時間をつくれるようになり、毎日が充実することでしょう。

 

今から鍛えられる『ウィルパワー』

安心してください。ウィルパワーは、筋力のようにトレーニングで鍛えることができます。あなたの中でこの力を鍛えることができれば、あなたの人生がうまく回り始めることを実感できるはずです。

自分を認識すること

あなたは、どんなときに誘惑や衝動に負けていますか?
きっと誘惑や衝動に負けているときは、パターンがあるはずです。それを認識することで、原因となることを未然にふせぐことができます。

無意識に行っていることを、意識する

普段なにも考えずに行っていることを、意識してみてください。駅から家までの道を普段と違う行きかたにする、普段いかないスーパーにいく、どんなときも背筋を伸ばすなど、小さなことでいいのです。無意識にしていることを意識することは、想像以上に意志力を必要とするのです。

瞑想する

瞑想は、集中力、ストレス管理、衝動や欲求の抑制、感情のコントロール、自己認識など、ウィルパワーが向上することがわかっています。長くやればやるほど効果がありますが、最初は1日3分でも大丈夫。体を動かさずじっと座り、呼吸に意識を集中させながらゆっくり呼吸をしましょう。

 

どんな方法でも、「今、ウィルパワーを鍛えているのだ!」という意識で行うことがとても大切なことです。

 

『ウィルパワー』で人生をよりよいものに

これで、『ウィルパワー』があなたの生活や人生において、大きなメリットをもたらすことが、おわかりいただけたでしょう。

この『ウィルパワー』を身につけて、目標に達成に向かって突き進むことができる人生にしていきましょう。それはあなただけでなく、こどもにも大きな影響をあたえ、よりよい人間を育てていくことにもつながっていくはずです。

 

ウィルパワーについてもっと詳しく知りたいなら…こちらがオススメ!

created by Rinker
¥1,100
(2020/10/23 19:30:03時点 Amazon調べ-詳細)

\こどもにイライラしてしまうママにはこちら/